ACEF(アセフ)はアフリカ・ケニアで教育、医療、環境の支援を行っています。

ホーム > 概要

概要

ACEFについて

ACEFとは

特定非営利活動法人 アフリカ児童教育基金の会ACEF。Africa Children Education Fundの頭文字をとってACEF=「アセフ」と呼んでいます。

前身

1980年代初頭、 ケニア・トゥルカナ地方全域が大干ばつに見舞われ、家畜は勿論多くの人々が食料難に陥り、その悲惨な光景はテレビ・新聞などを通して日本中に報道されました。それを見た三人の幼い兄弟が、「私達のお小遣いで、かわいそうなアフリの子供達にミルクを買ってあげてください」と天理教の機関紙に義援金とともに投書したのがきっかけとなり、1982年10月、天理教団が支援母体となる「アフリカの飢えた子供にミルクを」のキャンペーンが始まりました。

NGOケニアテンリソサエティとしてナイロビに拠点を置き、食料運搬用大型車両の贈呈、贈呈車両整備、難民キャンプでの診療と医療品贈呈、食料贈呈などの緊急救援は小学校建設へと展開し、1989年に救援活動を終結するまでの8年間に約4億円もの義援金がケニアに寄せられました。

その後、緊急救援活動は終結しましたが、その意思を受け継いだ有志がそれぞれの拠点に分かれて、支援活動を続けて展開していくことになりました。

ロゴマーク

現在

私達も名称を新たに「アフリカ児童教育基金の会」として、1991年にケニア北東部のメル市に現地事務所を置き、「元気な子どもには教育を、病気の子どもには薬を」をモットーに、
診療所の設立、運営や約250校に対する教科書の贈呈など、教育支援、保健・医療支援活動を開始。

1996年、拠点をエンブ市へ移してからは、職業訓練校、小学校、
エイズ孤児院などを設立。
現在は、教育、医療支援の他に、有機農法普及や環境保全などへと活動分野を広げ、発展しています。

沿革

1991年10月26日任意団体 アフリカ児童教育基金の会 設立
1993年3月11日ケニア政府 NGO登録
2003年9月19日日本国内 NPO法人格 取得
2012年12月14日アフリカ児童教育基金の会ACEFに 名称変更

概略

団体名(日本語名)特定非営利活動法人 アフリカ児童教育基金の会ACEF
団体名(英語名)Africa Children Education Fund
活動開始年1990年
創設者村上 忠雄
現 代表小椋 とも代
ケニア事務所 所長塩尻 安夫
支援地域ケニア共和国
・エンブ郡
・ナイロビ市 ほか
職員数日本人スタッフ 常勤3名 ボランティア 数名 現地スタッフ 約200名

ホーム > 概要

このページの先頭に戻る