ACEF(アセフ)は1991年から、アフリカ・ケニアで教育、医療、環境の支援を行っているNPO団体です。

ホーム > 海外インターンシップ/ボランティア 募集 > 現地生活編

現地生活編

滞在先について:

・宿舎

宿泊は、エンブ事務所敷地内の日本人スタッフ棟に泊まって頂きます。敷地内は24時間体制で数人の警備員を配置しています(これは特別ではなく、ケニアでは普通のことです)

部屋は空いていれば1人で使って頂けますが、人数の多い時期は2~3人の相部屋の可能性もあります。キャパはエンブ事務所だけで14人。エナ、マキマにも宿舎あります。

・電気、水道ってあるの?

エンブ、エナ、マキマの各事業サイトには電気があります。最近はずいぶんと停電の回数も、停電になってる時間も減りましたが、パソコンでのデータはこまめにセーブしておきましょう。

水道もひいています。市役所が供給する水、山からひいた水、井戸など、断水に備えています。水道水は飲めません。飲んだらひどい下痢・おう吐の嵐です。

最近はどこでもペットボトルのミネラルウォーターが買えますので、それを飲むか、炭酸飲料(コーラなど)、チャイなどを常飲してください。食事用には、キッチンの冷蔵庫に煮沸したお湯でむぎ茶を常備しています。

・部屋設備

各部屋には、トイレと、インスタントシャワー(シャワーヘッドに取り付けて、電熱コイルで水を温める器具)があります。水は山から引いた水や井戸の水ですので、濁っている時もあります。停電の時は温かいお湯は出ません。乾季には断水する時もあります。

日本人ダイニング

・電気製品

電圧は240Vです(日本は100V)。各部屋にコンセントあり。
今は携帯、ドライヤー、デジカメなどの充電器はユニバーサルタイプが多いので、ほとんどはそのまま使えますが、ドライヤーは「海外仕様OK」でなければ100-240VがOK でも、火を噴いて壊れるらしいです。確認して使用してください。その他の100Vの器具も、240Vで使うと、火を噴いたり煙が出て壊れます。

・変換プラグ

コンセント口は角ピン3本型を指すタイプ(写真参照)
変換プラグは、下の写真のような万能型が便利(アマゾンや楽天で1000円円くらい)

 食事:

食事は3食分、滞在費に含まれています。
朝食は個々が日本人ダイニングで取ります。前日の残りなど、冷蔵庫、キッチンにあるものは、食べても使ってもOKです。

昼食は、小学校の給食を子どもたちと一緒に小学校の食堂で食べるか、事務所に持ち込んで食べるか。 ただし病院カフェテリアで食べると自己負担になります。

小学校食堂の主なメニュー:
‣とうもろこしの粉で作るウガリ&ケールの炒め煮
‣赤豆ととうもろこしの塩煮
‣インディカ米&緑豆の汁物か

・夕食はみんなで協力して

夕食は、下準備をするお姉さんが用意したものなどを使って、日本人ボランティアが協力して作るので、率先してお手伝いをお願いしています。日本のように、簡単便利な調味料や下処理したものはあまり出回っていませんので、勝手が違いますが、どうぞ皆さま、ご協力をお願いいたします。

・持って行く荷物に空きスペースがあるなら

夕食は日本食らしきものをみんなで作っています。
そのため、日本食の食材があると、とても助かります。もし荷物にスページがあるなら、持って来ていただけると有難いです。

事前に問い合わせいただければ、 ストックがあるものとかぶらないよう、現地からのリクエスト聞きますが、以下のような日持ちするものはいくらでも助かります。

麦茶パック、かつおぶし、だしの素、乾燥わかめ、マヨネーズ、ふりかけ、塩こんぶ、チューブ入りわさび、カレーのルー、味噌、日本のお菓子など。

・食材は日本とあまり変わらない

ケニアの野菜はほとんど日本と同じものがあります。
ケニア食でよく使う食材は、紫玉ねぎ、トマト、人参、ジャガイモ。
ナイロビのアジアンマーケットには、白菜、ネギ、オクラなどもある。
肉類は、鶏肉、牛肉、豚肉、ヤギ肉、羊肉などが手に入ります。
季節ごとにバナナ、パパイヤ、アボカド、マンゴー、パッションフルーツなど、果物も多く出回ります。

・アレルギー/食べられない物がある方

アレルギーや食べられない物がある方は、必ず事前申告してください。
履歴書にアレルギーなどを申告する箇所を設けています。

花粉症やアトビー性皮膚炎などの場合も、乾燥や周りの樹木によっては症状がひどくなる場合がありますので、事前申告していただき、常用している薬を持参して、自己管理してください。お願いいたします。

衣服:

ケニア活動拠点

・「灼熱のアフリカ」のイメージはいったん捨ててください

ケニアは赤道直下ではありますが、首都ナイロビは標高1700m、事務所のあるエンブでも1300mあり、湿度が低く、軽井沢のような快適さと言われています。

標高2000m以上の高地では、夜の気温が15度以下まで下がり、暖房設備がほしいほどですし、 エンブ事務所でも 寒い時期なら、昼間でもユニクロのライトダウンを着て仕事をしている人もいます。

・季節は日本と反対

気候は日本と反対のような感じですので、お気をつけください。特に日本の夏休み期間中に来る場合、思いのほかケニアが寒いので、びっくりする人が多いです。

朝晩の寒暖差があるので、 1年を通して、半袖&長袖Tシャツ、パーカー、カーディガン(脱ぎ着がしやすい)、フリース、ジーンズなどを脱いだり着たりで調節しています。

寒い時期(6月~10月)の朝晩は15度以下になることもあり、半袖だけでは寒く、日中でも室内は25度にならないくらいです。

暑い時期(11月~4月)は、下が20度、上は室内で30度ちょっと。屋外の直射日光のあたるところでは40度以上になります。

しかし、ケニア内陸部は標高が高く湿度が低いため、1年を通してカラっとしていて、暑い時期でも、日本の夏のように汗だくになることはあまりなく、日陰に入ると涼しいです。

・例えば

必要な衣類は、個人差があり、一概には言えませんが、以下、参照ください。

‣4~6月に大雨季(長雨ではなく、ドカンと降るスコール型)
例:半袖+ジーンズ/短パン+朝晩は上に羽織る長袖

‣7~10月はずっと曇りが続き日差しがなく、肌寒い
例:長袖+ジーンズ+フリース/ライトダウン

‣11月は小雨季 (長雨ではなく、ドカンと降るスコール型 )
例:半袖Tシャツ+ジーンズ/短パン+朝晩は上に羽織る長袖

‣12~3月くらいが暑い時期(エンブで30度ちょっと 湿度は低いが汗はかく)
例:半袖シャツ+ジーンズ/短パン

ケニアに行く途中の機内や、乗り継ぎ空港のクーラーの効きすぎなどで、私はいつも手荷物にフリースを入れて行きます。

・直射日光はジリジリ

日差しが強い時期は、特に女性は帽子、日焼け止めは必須です。1日で真っ赤に火ぶくれする時もありますし、曇っていても服の上から紫外線をピリピリ感じることもあります。

・女性の方にお願い

ケニアでは露出の高い服を着ていると、いわゆる売春婦のような扱いを受けることがあります。日本では問題なく着ているミニスカート、キャミソール、タンクトップ、胸周りが大きく開いた服などは、ケニアでの着用はご遠慮ください。

また、中級以上のホテルのレストランではドレスコードがあり、男性の襟なしシャツ、タンクトップ、短パンも入室出来ない場合があります。ご注意ください。

・1か月以上滞在を予定される場合

ケニアでは服装がキチンとしていない人は、軽視される傾向があります。(イギリス植民地の名残?)
贈呈式やセレモニー、官庁関係への訪問があるかもしれないので、スーツは不要ですが、1つだけフォーマルな服装をご用意ください

例えば、女性ならワンピースや、ブラウス+カーデガン+スカート(露出の少ないもの)。

男性は、襟のあるシャツ+ネクタイ+フォーマルなズボン。
現地で調達することも可能ですが、サイズが合わないかもしれません。

・ファッションとは見なされない

最近ではずいぶん少なくなりましたが、以前ファッションで膝の破れたジーンズをはいていたら、会う人会う人に「破れてるよ!」と言われました。

・洗っても茶色

ケニアは赤土ですので、白い靴下はすぐに真っ茶色になります。黒い靴下でも、茶色くなります。Tシャツも真っ白は避けた方が…。 洗濯の水も少し茶色っぽいですから 、洗濯しても茶色は完全に落ちませんね。

・こまめに手洗い、洗濯

着替えは4~5日分ほど持って行って、下着類は夜お風呂に入る時/入った後にこまめに手洗いし、脱水だけ洗濯機でしたら、一晩で乾きます。

エンブ事務所に2層式洗濯機あり。水があり、電気が来ていれば使えます。電気の無い時は、手洗い、手絞り。水の無い時は、ひたすら水の回復を願いましょう。

(トイレットペーパー、洗濯洗剤は共同で使えるもの用意しています)

ネット環境:

・意外と整備されてるネット環境

当会の拠点は、メイン事務所のエンブの他、メル、エナ、マキマがありますが、WiFiは、エンブの事務所棟のみ使用出来ます。ですが、エンブ敷地内が広く、食堂や宿泊して頂く部屋までは届いていませんので、使う時は、事務所付近へ行かねばならないのが、少々不便です。

アクセスのパスは現地事務所で事務所スタッフにお尋ねください。(事務所以外のケニア人スタッフには教えないでください。たくさんの人がアクセスすると、スピードが格段に落ちて業務に支障が出ます)

・ケニアはSIMフリー、プリペイドが基本

日本でお使いのスマホがSIMフリー対応機種だと、現地でSIMカードを購入すれば(約120円程度)使える機種もあるようですが、機種によっては使えないものもあるようです(Xperia SOV36は実証済。ただしアクセスポイント名/APNの手動設定の必要あり)

・SIMカード、携帯用プリペイドカードはどこでも買える

ケニアは固定電話より、携帯電話の方が普及率が高いため、街中いたるところで、SIMカードやプリペイドカードが手に入ります。(街中のキヨスク、レストラン、カフェ、商店など)

また、M-pesa(エムペサと読む)と言う電子マネーがあり、携帯で送金が簡単に出来たり、支払いが出来たりもします。

また、国際電話も、日本からかけるより、ケニアからかける方が安いです。(3分100円程度)

・日本のスマホはWIFIで接続できる

多くの日本からの来客、インターンシップ/ボランティアさんは、 事務所のWiFiを通して、 日本のご自身のスマホで、FBやLINEなどアプリを使って連絡を取っています。

でも、携帯のキャリアメール(@ezweb.ne.jpなど)は、送信済になっていましたが、結局、日本側には届いていませんでした。iPhoneのアドレスが使えるのかどうかは、チェックしていないのでわかりません。

ケニアでの接続のスピードは全体的に日本よりかなり遅いので、写真などのアップロードには時間がかかる場合があります。

・海外ローミングに注意

海外ローミングサービスのチェックを外してお使いください。そうしないと、ケニアに飛行機で降り立った瞬間から、国内の携帯サービスに勝手につながってしまい、高額料金を請求されるおそれがあります(うっかり経験者です、私)

どうしても自分のスマホから、いつでも連絡(メール、電話など)が取れる状態にしておきたいと、ご自身でポケットWIFIを持ち込方もいらっしゃいますが、日々の活動では、ポケットWIFIがなくても、事務所のWIFIだけ、それほど不自由はしないと思います。

また、海外パケットなどに加入される方は、 詳しくは、携帯電話会社のHPか、各営業所へお尋ねください。(auの世界データ定額は、ケニアは対象外)

・エンブ以外では、ネット環境イマイチ

エナはインターネットの接続はありますが、WiFiではなく、LANケーブルでつなぐタイプですので、現地のPCからつなぐにしても、日本語環境が入っていないので、全て英語表記になってしまいます。ご自分のPCをつなぐには問題はありません。、エナのスタッフに仰ってくだされば、接続できます。

マキマは電話、電気自体が来ていませんので、 (2017年6月に通電!しかし)ネット接続はできません(現地の携帯電話の電波は飛んでいますが、日本の携帯は使用不可です)

街中でも、レストランやホテルなど、Free WIFIをうたっているところもありますが、速度が遅いので、メッセージくらいは送れますが、ネットで検索ができるほどの速度ではありません。

換金:ケニアで

・日本ではケニアシルには換金できない

日本国内では、ケニア・シリング=略シル(Kenya Shilling=KES/KSH)に換金することはできません。

ナイロビ市内には銀行、換金屋がありますが、レートはまちまちで、要チェックです。エンブ市内の銀行でも日本円/米ドル→ケニアシルの換金もできます。

店や銀行によってはすごく低いレートを設定している場合がありますし、表示のレートは 100ドル紙幣はのみに対応し、50ドル、20ドル紙幣だとレートが低くなることも…。一度に多くは換金しないほうがいいと思います。

・到着した時の換金は必要最低限

ケニアの空港で到着時に日本円/米ドル→ケニア・シルに換金すると、ものすごく低いレートでの換金になり、損です。 空港より、街中の銀行や換金屋の方がレートがいいです。

また空港で、迎えのドライバーさんに会えれば不要なのですが、もし会えなかった場合、待って頂くカフェはクレジットカードに対応しているところもありますが、現金のみのところもあります。ですので、空港での換金は必要最低限でお願いいたします。

物価、貨幣価値:

・1KES=1.1~1.2円(2019.07

1ケニア・シリング=約1.2円ですので、ほとんど日本円と同じですが、物価価値は10~15倍だとお考えください。

ちなみに、滞在費に含まれている空港までの送迎費は、ガソリン代、空港駐車場代、運転手特別手当、途中の食事及び茶菓代などを含み、往復で約10,000シルほどかかります。

また、ACEFスタッフ宿舎は、トイレ、お湯シャワー付きの2~3人部屋で、エンブ市内の同等のホテルに滞在した場合は、1泊約1,000シルくらいします。

食費は、平日は下準備をするお年さんに来てもらっているので、食材費と彼女の給与なども含まれます。

ケニア・シリング
ケニア・シリング

・参考価格:

ペットボトルの水30~50シル 炭酸飲料40シル マンダジ(揚げパン)20シル チャイ(紅茶)20シル

エンブ病院カフェテリアの昼ごはん 100~300シル

お土産Tシャツ500~1,200シル カンガ布300~500シル キコイ布500~1000シル コーヒー800~1,000シル ナッツ100g 50シル

必要経費以外で必要なお金はって、どのくらい?

オプションツアーやお土産代以外に必要なお金としては、飲酒、喫煙、し好品、遊興費などによってかなり個人差があります。

お酒、タバコ、遊興費が不要なら、1か月1万円もあれば十分だと思います。

治安について:

・テロ

近年、世界中でテロ行為が行われ、日本人がターゲットにされることも多くなり、ニュースなどで報じられております。

・ケニア国内でのテロ

ケニアは、首都ナイロビや港があるモンバサ地域などでは、過去テロ行為がありました。日本人が被害に遭った事例もあります。ですので、ケニアは決して安全な国ではありません。

しかし、私たちが拠点にしているエンブは、ナイロビから車で約3時間の内陸部で、これまでにテロ事件が起きたことはありません。

また、エンブに事務所を置いてから約20年になり、これまでの教育、保健医療、環境保全の活動は地域住民に広く周知されているため、私たち日本人が町中を歩いていても珍しがられることはあまりなく(中国人に間違われることはある)「エンブ病院のところの日本人か?」などと声をかけられることも多く、事件に巻き込まれるようなことはありませんでした。 ですので、日中は1人で町中に買い物に行くことには問題はありません。

・暗くなってからの外出は禁止

ただ、スタッフ揃って車で夕食に出かけるような時以外は、トラブルの元ですので、夜の外出はできないとご理解ください。

・大統領選挙はビックイベント

テロ関連とは別に、4年に1度行われるケニア大統領選(間近では2017年8月と再選が10月末に実施された)は、ケニア一大イベントです。

と言うのも、政権の変革によって、上位ポスト以下が総入れ替えになり、大きな利権が発生します。親類縁者が上位ポストに就けば、自分にもよいポストが回って来るなどもよくある話で、大統領選挙は一般市民にも影響する、大きな関心事なのです。

そのため、1年以上前からスラム地区や町中で集会やデモが行われることが多くなり、警官隊とモメて発砲事件にまで発展することも多々あります。

また就職難で仕事のない人達が不満を募らせ集まり、決起集会に於いて議論がヒートし過ぎて、群集心理で関係ない商店を襲うようなことも起きます。

・自分の身は自分で守る。これは海外では鉄則です。

ナイロビ市内で銃声や破壊音を聞いた場合は、直ちに音のした方向と逆方向に逃げるように心がけてください。混乱に便乗して、強盗なども増え、目立ちやすい外国人が標的になるケースも少なくありません。

ナイロビ市内の危ないと言われる場所、集会には近づかない、直ちに逃げる、を常に頭に叩き込んでおいてください。

持って行くといいなと思うもの、便利なもの:

日焼け止め、虫刺されの薬、蚊のいなくなるスプレー(蚊取り線香は現地でも買えるが、質は良くない)コンタクトの人は予備のメガネ(砂埃などが多い)、女性の基礎化粧品、携帯用スリッパ(機内、室内用)、サンダル(クロックスなど)、機内用の耳栓、各自の常備薬(現地の診療所でも薬はありますが、アレルギー、花粉症の薬などは個人差がありますので)、100円均一小さな懐中電灯(突然の停電用)、1ドル紙幣5枚程度(あれば。空港の賄賂用www)

現地にもスーパーがあり、お金さえ出せば、いろんなものが手に入りますが、日本よりは高いです。
シャンプー、女性の生理用品(南アフリカ/ジンバブエ製)もエンブのスーパーで手に入ります。

ケニア現地生活あれこれ

レジ袋持ち込み禁止令:

2017年8月28日より、ケニアへのビニール袋(レジ袋)の持ち込みが禁止になりました。
ビニール袋所持が見つかったら、400万シリング(約450万円)の罰金、もしくは4年間刑務所へ、との報道もあります。これは旅行者も例外ではないそうで、カバンの中にレジ袋を入れていても(使っていなくても)、所持だけで罰則に値するとか。

かなり強硬手段に出ていますが、日本より警察の権力は大きく、あまり調査もせず、事実と異なる場合でも、簡単に刑務所に入れられてしまうのが、ケニアです。皆さまどうぞ、スーツケースの中の仕分けなどにもレジ袋は使わず、エコバックや風呂敷、100円均一の小さいバックなどを使って、ケニアにお越しください。

これにより、空港での荷物検査が、しばらく丁寧に(しつこく)行われることが予想されます。
実際にチャイ(賄賂)を要求された方が何人もいらっしゃいます。

 空港関税の抜け方は、 出発~ケニア到着について へ。

次はオプションツアーについて

申込はこちらから

インターン/ ボラ募集トップへ戻る

ホーム > 海外インターンシップ/ボランティア 募集 > 現地生活編

現地生活編

このページの先頭に戻る