ACEF(アセフ)は1991年から、アフリカ・ケニアで教育、医療、環境の支援を行っているNPO団体です。

ホーム > 海外インターンシップ/ボランティア 募集 | 3、準備編 > 3-1 活動地&使用言語

3-1 活動地&使用言語

使用言語:

・英語 と スワヒリ語

ケニアの国語はスワヒリ語、公用語は英語です。公式文書などは英語で発行されています。
新聞は英語、スワヒリ語、両方あります。
そのほか、東アフリカ諸国ではスワヒリ語が通じる国もたくさんあります。

・40以上もある部族語

ただ、スワヒリ語も学校で習う言語ですので、田舎に行くと通じない場合があり、この場合、ケニア国内40以上ある部族の言葉、部族語が使われています。

基本的に英語で簡単な日常会話が出来る方が活動はしやすいです。
最初のうちはスタッフや日本語の話すケニア人がつく場合もありますが、通訳のために常に誰かが一緒にいることは出来ませんので、ご了承ください。

ホーム > 海外インターンシップ/ボランティア 募集 | 3、準備編 > 3-1 活動地&使用言語

3-1 活動地&使用言語

このページの先頭に戻る