ACEF(アセフ)はアフリカ・ケニアで教育、医療、環境の支援を行っています。

ホーム > ボランティア募集 > ACEF ボランティア はじめに

ACEF ボランティア はじめに

メールにてお問い合わせ頂きました方に、最初にお送りした内容と同じものです。

お問合せ、ありがとうございます。

改めまして、特定非営利活動法人 アフリカ児童教育基金の会ACEF
代表をしております、小椋(おぐら)と申します。

当会のボランティアは、どなたにでも参加していただけるよう、
年齢や資格の有無などは問いませんし、期間の限定もしておりません。

(追記 2018.08.30)
ただし、ACEFボランティアに参加して頂く上で、2つだけ条件があります。

1、ACEFのFBページ管理人・小椋とも代に友達申請し、

2、滞在中、活動の日誌を毎日(最低2日に1回)ご自分のFacebookにアップしてください
  写真か動画付き、文字数は140字程度~

  これをACEFのFBページでフォローしますので、誰でも閲覧できる形で公開をお願いします
  活動の広報支援および、今後の参加者さんに活動内容の参考にしていただきます

3、滞在が終了して、現地を出発する前に(どうしても無理な場合は帰国後すみやかに)
  活動レポート(様式あり)を提出してください


この時期はダメなどは特にありませんが、空港への迎えなど調整がありますので、
他の方と到着日を合わせて頂くこともございます。


語学力がないと、現地でのコミュニケーションにとたんに困りますので、
日常会話程度の語学力(英語、スワヒリ語)は必要です。

語学が出来ないと受け入れはしない、と言うわけではありませんが、
現地でコミュニケーションに苦労し、思うような活動が出来なかったと仰る方は意外に多いです。

活動のお手伝い、準備は致しますが、専属の通訳はつきません。

出発説明会や事前研修などは特に行っておりません。
活動内容について、現地の生活について、出発までは私がサポートさせていただきますので、
個別にメールで質問などを受け付けさせていただいております。

また、当会は現地活動に関しては基本的に放任主義で、やってみたいということに対し、
準備やお世話取りはさせて頂きますが、その内容はご自身で考えて頂きます。
(ボランティアさん用の仕事は用意しておりません)

まずは、当会ホームページ上の、こちらからご覧ください。
ACEFボランティア 参加の条件、費用、申込など
https://acef-jpn.com/seeking/volunteercvetc/


こちらの資料、結構、いろんな項目で書いておりますが、
これまでの参加者さんからの質問などもふまえ、必要事項が詰まっています。
途中で断念せず、最後まで目を通していただければと思います。

現地入りしてから、「事前に知っていれば準備したのに・・・」と仰る方、
読み違えをしている方などが、結構いらっしゃいます。

事前準備に必要な予備知識や情報は書いてあるつもりですので、
どうか熟読をお願いいたします。

また、質問頂いた内容を、日々アップデートし追記しますので、
出発前に今一度、読み返して頂きますよう、お願いいたします。
 
読んでいただいて、何でも質問してください。
その上で、納得して頂けたら、同じ場所に格納している履歴書を記入し、
パスポートのコピーを付けて、メールに添付して送り返して頂ければと思います。

注意:
FAXでは、パスポートの情報がうまく反映されないため、メールに添付でお願いします。
頂戴しましたパスポートの情報を元に、入国ビザ申請のための招へい状の発行します。

履歴書に、現地活動の詳細を書いて頂く場所があります。
どんなことがしたいかを、出来るだけ具体的に書いてください。
その後、出発までに再度、詳細を相談させて頂きます。

また、団体として信用できるのか見て確かめたいと仰る方もありますので、
電話や、お会いしてお話をさせていただくことも可能です。

こちらが出向いて行くより、私の自宅兼事務所(奈良県天理市)まで来ていただき、
どんなところが事務所で どんな人がやっているのかを見ていただくのが、
一番良いのではないかと思います。

活動の内容はFBを見て頂くとわかりやすいかと思います。
私からだけではなく、現地で活躍するボランティアさんからのレポートも載っています。
FBページ: https://www.facebook.com/acefjpn/

ケニアまでのチケットは各自でご用意頂きます。
この1年くらいの参加者さんの話を総括して、
基本的に、中東系の、昼間到着便の手配をお願いしています。

最近はいろんなルートがあり、金額もいろいろですが、
一番安い中国系の航空会社は、安かろう、悪かろうで、
よく遅れるのに、その対応が悪く、空港内のスタッフのほとんどが英語ができず、
右往左往したそうです。

アフリカ系は定刻で出発することが珍しく、
乗客が少ないと飛ばず、次の便に回される(次便は半日後、1日後?)、
それらの変更の情報が出て来ない、荷物だけが乗り継げず届かない、などです。

ヨーロッパ経由は、フランス、オランダなどで乗り継ぎ時間の少ない便は、
うまく荷物を引き継げず、荷物だけが置き去りになり、毎日就航しているのに、
5日くらいしてやっと荷物が届いたという例もありました。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

ACEF 小椋とも代


ACEFボランティアをもっと知る → ACEFボランティア 参加の条件、費用、申込など

ホーム > ボランティア募集 > ACEF ボランティア はじめに

ACEF ボランティア はじめに

このページの先頭に戻る