ACEF(アセフ)は1991年から、アフリカ・ケニアで教育、医療、環境の支援を行っているNPO団体です。

ホーム > アセフ活動内容 | 医療・福祉事業 | エイズ孤児施設 ACEFジャンプ&スマイルセンター | エイズ孤児支援のお願い > 高校生 学資支援指定寄付

高校生 学資支援指定寄付

皆さまのご支援をいただきまして、
ジャンプ&スマイルの子ども達は毎日元気に学校に通っておりますが、
そのうち3名が、昨年、小学校を卒業し、高校へ進学しました。

現在は女子3名は寮生活で、男子1名は通いで、公立高校に通っていますが、
2018年度を修了し、2019年1月からまた新たに3名が、高校へ進学することになりました。

日々子ども達の成長を目の当たりにして、とてもうれしいことではありますが、
義務教育であった小学校とは違い、高校は校納金の他に授業料も必要となります。

1人につき 年間 53,000ケニア・シリング(約59,000円)× 高校生 7人

これは、高校の校納金と授業料だけで、
新入生の場合は、この他に制服や学用品を揃えるにも、まだまだかかります。


そこで、皆さまには高校生の学費支援をお願いしたいと思っております。

一口 1,000円から (お一人いくつでも大歓迎)

また子ども達は日々成長し、来年、再来年には次の子ども達が小学校を卒業します。
今後は子どもを指定して、長期的に支援していただける形も模索中です。

一度にたくさんのご寄付を頂戴するのもも大変ありがたいですが、
少しずつでも継続してのご支援していただくことで、
子ども達が不安なく、勉強を続けれらる環境を作ることができます。

毎回振り込んで頂くお手数を省けるよう、自動引き落としが出来るようにただ今準備中です。
(2019年初旬、導入予定)

準備できますまでは、これまで通り、こちらから 郵便局の振替口座で受け付けております。

↓①の写真(2013.1入所当初)の左の女の子ジェーン

「希望の家」制服とお揃いの帽子もかぶって。

年長組は茶色の制服。朝は寒いので、お揃いの帽子も。

↓②(2014.1)5年生に進級 左からジェーン、リンコン、パペチュア

5年生

②5年生のとき

↓③(2017.11)ジェーン(左)とパペチュア

DSCF0923

③小学校卒業直前 こんなに立派になりました

↓④(2018.5)すっかり娘さんになってきました

2720s

④制服を着て里帰り こんなに立派になりました

 

 

ホーム > アセフ活動内容 | 医療・福祉事業 | エイズ孤児施設 ACEFジャンプ&スマイルセンター | エイズ孤児支援のお願い > 高校生 学資支援指定寄付

このページの先頭に戻る