ACEF(アセフ)は1991年から、アフリカ・ケニアで教育、医療、環境の支援を行っているNPO団体です。

ホーム > ボランティアさん報告 | ボランティア活動レポート > 活動終了レポート2019-8

活動終了レポート2019-8

  • 2019年08月15日 (木)
記入者 20代 女性 教職者
期間 8日間 2019.0804~0811
活動内容

・体育の授業、九九の計算練習(マキマの子ども達に向けて)
・エナ、マキマ(Jump&Smile、オーストリッチ、孤児院)訪問
・CEWの活動調査(ゴミ回収所の様子見学)

*CEW:環境問題の啓発や、率先して活動をするリーダーとなる人材

感想

今回で3回目のボランティアになりますが、来る回数が増えるほど充実した滞在になっている気がします。

ACEFの活動内容が具体的に見えるようになったことで、どこをお手伝いするべきなのか、自分には今どんなことができるのかが分かるようになりました。

また、ACEFの活動の進捗も実感でき、2年前はフェンスしかなかったオーストリッチファームが少しずつ完成に向かっている様子や、CEW(環境人材のリーダー)がごみを分別している様子を見て大変うれしく感じました。

特にCEWの活動は初回からずっと追い続けていた活動で、2年前に調査した時は「もしかしたら、このまま活動は消えていくかもしれない…」と、支援が減りつつある彼らの活動に不安を感じていました。

しかし、ケニア人スタッフの熱意や、現地の人々の思いがここまで活動を活発にしている様子を見て、塩尻所長がよく口にする「ケニアの人々に学ばせてもらっている」を実際に肌で感じました。

もう既に次回の滞在が楽しみです。次はぜひ長期滞在をして活動を長期的にお手伝い出来たらと思います。

~~~~~~~~~~~~~
ACEFへの意見:改善点など

長期滞在している日本人スタッフや周りのケニア人スタッフがいてくれるお蔭で、今回も安心して滞在することができました。毎日を安心して過ごすことができるのも、ACEFの魅力の1つだと感じました。ありがとうございました。




ホーム > ボランティアさん報告 | ボランティア活動レポート > 活動終了レポート2019-8

このページの先頭に戻る