ACEF(アセフ)はアフリカ・ケニアで教育、医療、環境の支援を行っています。

ホーム > お知らせ > 金子みすゞの詩を朗読 ~小口ゆいさん&Saaさんケニアで舞台

金子みすゞの詩を朗読 ~小口ゆいさん&Saaさんケニアで舞台

  • 2017年04月07日 (金)

「こだまでしょうか いいえ、誰でも」

この詩で有名な金子みすゞさん。

金子みすゞさんの詩を朗読して27年の舞台女優・小口ゆいさんがケニアにいらっしゃり、ACEFの小学校やナイロビにある日本人学校、エンブの女子高校などでパフォーマンスを披露してくださいました。

ジェスチャーを使いながらの舞台。  時に少女のように、時に力強く、、詩の内容によって変わる表情は見る人をみすゞの世界に引き込んでくれました。

ジェスチャーを使いながらの舞台。
時に少女のように、時に力強く、、詩の内容によって変わる表情は見る人をみすゞの世界に引き込んでくれました。

ブルーの着物に赤や白のストールを纏い、時には手話やボディランゲージを使って詩の世界を表現。そして今回はピアニストの娘さん・Saaさんもいらっしゃって共演してくださいました。

ナイロビにある日本人学校で。  小学生と一緒に「わたしと小鳥とすずと」を一緒に読みました。  一緒にジェスチャーをして楽しむ子供たち。

ナイロビにある日本人学校で。
小学生と一緒に「わたしと小鳥とすずと」を一緒に読みました。
一緒にジェスチャーをして楽しむ子供たち。

詩をメロディに乗せながら、母娘で掛け合いしながらの舞台。

そして一番小口ゆいさんが楽しみにしていたのがケニアの11歳の詩人・シャニーズさんとの共演!

マザレースラムに住む11歳の詩人シャニーズちゃん。  「暴力、反対!テロリズム反対!愚かな争い、やめよう!」と訴えます。

マザレースラムに住む11歳の詩人シャニーズちゃん。
「暴力、反対!テロリズム反対!愚かな争い、やめよう!」と訴えます。

シャニーズさんはナイロビにあるマザレースラムに住んでおり、スラムで起きている暴動に対する思いなどを詩にしています。

実は、小口さんがシャニーズさんの詩をメディアで知って感動し、「シャニーズさんに会いたい!抱きしめたい!」と思ったのがきっかけでケニアに来ることになりました。

小口さんはケニアに来て、

「わたしと小鳥とすずと」に出てくる“みんな違ってみんないい”というフレーズがますます好きになったそうです。

国が違えば文化や考え方ももちろん違う。一番大事なことは「その人がその人らしく生きる」ことなのかもしれませんね。

金子みすゞのどんな命にも思いを寄せる優しい気持ちを全身全霊で伝えてくださった小口ゆいさん&Saaさんでした。

 Africa Children Education Fund - NPO法人アフリカ児童教育基金の会acef 作成者: 西川 麻衣子 「いいね!」済み · 1時間前 · 編集済み  ·    .. ACEFの小学校でピアノを披露してくださったSaaさん。  「エリーゼのために」などの名曲を披露してくださいました。 最後にはSaaさんのピアノ演奏で「小さな世界」と「糸 by中島みゆき」を子どもたちと一緒に歌いました。

ACEFの小学校でピアノを披露してくださったSaaさん。
「エリーゼのために」などの名曲を披露してくださいました。
最後にはSaaさんのピアノ演奏で「小さな世界」と「糸 by中島みゆき」を子どもたちと一緒に歌いました。




ホーム > お知らせ > 金子みすゞの詩を朗読 ~小口ゆいさん&Saaさんケニアで舞台

このページの先頭に戻る