ACEF(アセフ)はアフリカ・ケニアで教育、医療、環境の支援を行っています。

ホーム > お知らせ | 教育 > セカホン再び

セカホン再び

  • 2015年03月27日 (金)

セカホン!

昨年11月末、12月初めに2週に分けて放映された、フジテレビ系の「世界行ってみたら、ホントはこんなトコだった?!」(略称セカホン)で、ACEFの小学校が紹介されました。

ACEFスタッフの子ども達のために始めたテンリプライマリーは、エンブ郡450の小学校の中で、3年連続首位を独走する。勉強だけでなく、スポーツ、芸術、日本語や日本文化も教えていると聞きつけ、取材に来てくださいました。

番組内では、日本の歌を歌ったり、よさこいダンスを披露したことも、大変喜んでいただけたようでしたし、出演者と子ども達との交流も素敵に描いて頂きました。

再びACEFの小学校が!

その縁で、男子3人女子3人の6人が番組制作会社に招待され、憧れの日本へ修学旅行にやってきました。

引率は神保カロさんと、カリウキ校長。観光地を見て回ったり、日本ならではの体験をしたり。

3月はじめと言え、まだまだ寒い日本。滞在1週間でハードスケジュールではあり、体調を心配しましたが、みな元気に予定をこなしました。

番組の収録後は、ACEF支援者のサポートをいただき、埼玉にて1人ずつホームステイをしました。

ACEF日本人スタッフや、日本の支援者さんなども多くいらっしゃる環境の中で勉強している子ども達ですが、見るもの聞くこと、初めてのことも多く、様々なことを学び、貴重な体験をしたようです。

その模様は、4月21日(火)19時~フジテレビ系にて放送予定。(地域や諸事情により、放送日時が変わることがあります)

 

http://www.fujitv.co.jp/sekaiittemitara/




ホーム > お知らせ | 教育 > セカホン再び

このページの先頭に戻る